• 由美子 野沢

「~たら」면 と니까について


(画像は商品のご紹介です。ペコリ)



韓国語で会話していると、日本語そのままハングルにしてはいけないパターンが多く出てきます。


例えば「~たら」

が良い例でして、

最初「~たら、~なら、~れば」として면

を習います。


면(仮定 これからのこと)


雨が降ったら行きません。

비가 오 안 가요

(雨が降るならばという仮定)

面白ければ見ます。

재미있으면 봐요

(面白いのであればという仮定)




しかし例えば

外に出たら雨が降ってました。

たらは仮定ではなく、行動した後のことです。すなわち過去です。

その場合のたら니까です。


最初니까を習うとき「~だから、~なので」という「理由」で習いますが、実はもうひとつの大事な使い方がこれでして、頻繁に頻繁に会話で使っています。


니까(行動した後で)


外に出たら雨が降ってました。

밖에 나가니까 비가 왔어요

(外に出た後に雨が降っていることを知った)


ですので면と니까 を正確に使うには、行動する前なのか後なのかを判断してください。



例文で整理しましょう。


例1

회사에 가 먼저 커피 마실래요

(会社に行ったら、まずコーヒーを飲もう)(仮定)(まだ行ってない)


회사에 가니까 아무도 없었어요

(会社に行ったら誰もいませんでした)(過去)(行った後)



例2

약을 먹으 나을거에요

(薬を飲んだら治るでしょう)(仮定)(まだ飲んでない)


약을 먹으니까 나았어요

(薬を飲んだら治りました)(過去)(飲んだ後)


です^^

日本語の一字一句を追わずにシチュエーションで判断しましょう。








74 views0 comments

Recent Posts

See All